CAMERA

【保存版】“カメラ好き”がおすすめする膨大なデータを整理(バックアップ)する方法。

2020年10月3日

バックアップ

こんにちは、izu(@izublog)です。

写真や動画を撮るたびに増えていくのが「データ」ですよね。

最近ではiPhoneでも4Kの動画が撮影できたり、一眼レフで撮影するとRAWデータなど容量が大きいデータも増えました。

せっかくの家族との思い出が詰まったデータも、しっかりとバックアップを取っていないと消えてしまった時のショックは計り知れません・・・。

そこで・・・、

izu
カメラ好きの私が、普段しているデータの整理の方法やバックアップについてご紹介していきます。

膨大な写真や動画のデータを整理(バックアップ)する方法

写真や動画撮影をした後、以下のような一連の作業をしています。そのあとで、写真、動画それぞれで整理&バックアップしていきますよ。

写真や動画撮影後の一連の作業

フルサイズミラーレス一眼レフカメラ「SONY α7ⅲ」を使って、

  • 静止画:RAWで撮影し、JPEGに変換
  • 動画:4K

で撮影しています。

α7III
参考【レビュー】SONYミラーレスカメラ「α7III」が子供撮影に圧倒的におすすめな理由。ミスショットを減らす魔法のカメラ。

フルサイズのカメラの購入をされているカメラ好きのみなさん! こんにちは、izu(@izublog)です。 izu一瞬しかシャッターチャンスのない子供を撮影するのって難しいですよね。 子供を撮影する時の ...

続きを見る

撮った写真や動画のデータはこのような作業をして整理、バックアップしていきます。

写真

  • RAWAmazon Photos
  • RAWJPEGに変換
  • JPEGGoogleフォト/外付けHDD

動画

  • 4KGoogleフォト(1080p圧縮)/外付けHDD(4K元データ)

それぞれ使っているものをサービス内容と一緒に紹介していきます。

Amazon Photosで写真をバックアップ

amazon phots
izu
最初に、RAWファイルをAmazon Photosにアップしていきます。

無料・無制限・非圧縮の最強ストレージ

  • Amazonが提供するAmazonプライム会員特典のサービスの一つ。写真やビデオを保存できるオンラインストレージサービスです。
  • Amazonプライム会員に限り、RAWを含む写真データの無制限アップロードが可能です。しかも非圧縮(!)。
  • 動画の保存可能容量は「5GBまで」です。それ以上保存したい場合は、追加料金が必要になります。動画を保存したい方は注意するようにしましょう。
プライム会員ならプライムビデオやプライムミュージックなど、ほかのサービスも無料で使えるので、コスパも含め最強のクラウドストレージだと思います。

Amazonプライム

使用可能デバイス

  • スマホ、タブレット、PCなど、どの端末もOKです。

共有可能人数

  • 家族や友人と写真を共最大5名まで有することができます。
家族旅行やカップルでの旅行の写真を一つのアルバムにまとめたい。
そんな時に便利なサービスですね。
 
 

料金

  • Amazonプライム会員であればタダで利用できます!
Amazonプライムは、年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で、配送特典や、プライム会員特典に含まれるPrime Video、Prime Music、Amazon Photos、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラムです。
izu
無制限・無圧縮のフォトストレージというだけで元は取れます。

Amazonプライム会員の他のサービスと一緒にフォトストレージも試してみるのをおすすめします。

Amazonプライム

Googleフォトで写真と動画をバックアップ

googlephot
izu
次に、JPEGファイル及び4K動画をGoogleフォトにアップします。

無料・無制限・圧縮。写真も動画も!

  • アップロードした写真は1,600万画素相当にリサイズされ、圧縮がかかるためオリジナルデータではありません。
  • RAWのアップロードも可能ではありますが、無制限ではありません。
  • 1080p HD の動画であれば無制限にアップ可能です(1080p以上の動画は自動で圧縮)。

使用可能デバイス

  • スマホ、タブレット、PCなど、どの端末もOKです。

共有

  • 共有アルバムを作って家族や友人みんなで写真を共有できます。

Google photo

外付けHDDでしっかりバックアップ

izu
最後に、JPEGファイル及び4K動画を外付けHDDにアップします。

外付けHDDは最後の砦

  • Amazon PhotosとGoogle Photoで整理&バックアップしつつ、さらに同様のデータを外付けHDDで保管することで、サービスが万が一終了した時や不具合でデータが破損した時のバックアップをとります。

愛用しているHDD

コンパクトかつ見た目は可愛いのに、頑丈。
持ち運びもしやすく、万が一落としても安心というのがおすすめポイントです。

持ち運ぶことがないようであればこちらがおすすめです。

izu
この一連の作業で整理・バックアップがおすすめですが、他にもどんなストレージサービスがあるかご紹介します。

その他のオンラインストレージサービスもご紹介

コスパやスペックを考慮して圧倒的に「Amazon Photos」と「Googleフォト」がおすすめですが、他のオンラインストレージサービスについてもご紹介します。

Google one

  • 無料で15GBまで使えます。
  • 動画、音楽、書類など、あらゆるものを保存が可能なのが特徴。
  • 保存容量は、ドライブ、Gmail、Google フォト内の元の画質の画像で共有できます。
google one
100GBは年間3,000円程度なので、バックアップしたい容量が少ない方は意外と外付けHDD買うよりコスパがいい可能性があります。
 
 

OneDrive

  • マイクロソフトが運営するクラウドストレージ。
  • 無料で5GBまで使える。
  • 動画、音楽、書類など、あらゆるものを保存が可能なのが特徴。
料金

OneDrive

iCloud

  • Appleが運営するクラウドストレージ。
  • 無料だと5GBで使えます。
  • 月額130円(税込)から料金設定されており、最大月額400円(税込)で200GBまで使えます。
  • iPhoneなどの設定まるごとバックアップできるので、写真や動画以外にもスマホのバックアップをとりたいときにはおすすめです。

iCloud

データを整理(バックアップ)するのにおすすめなのは「Amazon Photos」と「Googleフォト」

  • Amazon Photos」と「Googleフォト」という2つのサービスを使っていれば、データの容量を圧迫されることなく、快適に安全に整理しながらバックアップをとることができます。
  • それぞれのメリットを生かして、動画専用、写真専用と分けて使うのいいかもしれません。

では、また。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izublog

仕事、子育て、趣味に全力投球する子育て奮闘中のパパサラリーマン。 車 | 読書 | 投資 | 楽天経済圏 | Sony α7ⅲ | 写真・動画編集 | キャンプ(テント:スノーピークエルフィールド) | 料理 | 筋トレ | 英語勉強中(TOEIC800点へ)| 毎日の積み上げ&行動&挑戦で一歩でも成長を。

-CAMERA

© 2021 izublog