LIFE

【楽天経済圏】子育て中のサラリーマンが実践した節約術。これで年間25万円お得。

2020年10月7日

節約方法

こんにちは、izu(@izublog)です。

izu
子育て中のサラリーマンである私が、実際に実践した節約術をご紹介していきます。

まず節約のイメージです。

「1万円を節約をする」=「1万円を稼ぐ」です。

節約することもお金を稼ぐことと同様に重要ですよね。

節約する方法はたくさんあると思いますが、サラリーマンが実践できるのは主にこちら。

・支出を削る(飲み会などの交際費など)

・固定費を削る

・節税をする(ふるさと納税、iDeco、保険、住宅ローン減税など)

 
 

ポイント

これまで気にせず支払っていたであろう「固定費」を削る節約術です。皆さんもこの機会に見直してみてくださいね。

サラリーマン節約術①
楽天経済圏に移行することでお得にポイントをゲット

楽天経済圏とは?

  • 「楽天経済圏」は日常生活でECサイトの楽天市場 をはじめ、楽天グループのサービスを中心に活動することで、効率的に「楽天ポイント」を稼いでためることです。
  •  貯めた楽天ポイントは、楽天経済圏の中で「1ポイント=1円」として現金のように使用できます。(もちろんマイルや商品券、グッズ等と交換することも可能です)

楽天のクレジットカード「楽天プレミアムカード」を作ってSPUを貯める

  • そこで、まずはクレジットカードを楽天プレミアムカードにし、引き落としは基本的に全てこのカードで支払うことで、ポイントを1つにまとめて貯めていくことに成功しました。
izu
財布の中に「クレジットカード」だらけという方に特におすすめです!
  • 楽天カードの上位カードで年会費が11,000円(税込)かかりますが、その分豪華な特典もついてきます。
プレミアムカード
  • 特に、SPU(スーパーポイントアッププログラム)でもらえるポイントが増えるのが大きなメリットです。SPUはカードの種類、楽天各サービスの利用状況によって楽天市場での買い物で獲得できるポイントがアップするプログラムで、楽天プレミアムカードを利用して楽天市場 で買い物をするとポイントが「+4倍」になります。
izu
SPUでのポイントに加え、キャンペーンで10000ポイントもらえたりもしますので、すぐに元は取れますね。

初年度だけプレミアムカードにして、ポイントをゲットして解約するという手もあるかもしれませんが、継続使用する価値はあると思います。

楽天銀行と連携することでムダな手数料を抑えつつSPUもアップ

  • 楽天プレミアムカードの支払い口座を「楽天銀行」にするだけでSPUがさらに「+1倍」増えます。
  • 楽天銀行は24時間365日コンビニなどのATMで利用でき、手数料は0円です。
  • 他行への振り込みも月3回まで無料なのもメリットです。
izu
楽天銀行口座を開設するのはスマホだけで簡単にできますよ。

SIMフリー「楽天モバイル」に変更

  • 今更ながらではありますが、固定費として抜群に高いスマホ代にようやくメスを入れ、SIMフリーに変更しました。もちろん楽天経済圏に移行しているので「楽天モバイル 」です。
  • 月々の支払も獲得した楽天ポイント(や期間限定ポイント)から支払えるので、毎月の支払いは基本0円です(!)。契約している実際の金額としては初年度はポイントなどでの割引もあり、「980円(+税)✖️2人分 /月」です。
izu
これまで大手キャリアで契約しており、2人分で1.5万/月ほどかかっていたので、金額にして1.3万円/月(年間15.6万)も節約ができました。いい感じ、いい感じ。

楽天でんきや楽天ひかりを検討したものの断念

  • 楽天でんきも導入を検討しましたが、我が家はオール電化ということで対象外でした。
  • 楽天経済圏に移行したのならば初申込で「2000ポイント」もつき、SPUも「+0.5倍」増え、電気代もお得な「楽天でんき」はおすすめです。
  • なお、我が家は「楽天ひかり」対応しておらず、こちらも断念。

楽天経済圏でまとめるといろいろお得

SPU
  • この記事を書いている時、私のSPUをみてみました。「+8倍」です。
  • 「+8倍」でしたが、楽天ブックス楽天トラベルなども使う月はありますし、そうなると「+10倍」を超えます(最大+16倍までです)。
izu
楽天サービスを意図的に使っていくことで、ポイントを効率的に獲得できますよ。

 車の売却も楽天のサービスを活用。

車をお持ちの方で、手放すことを検討されている方は、楽天の一括査定を活用することで楽店ポイントが貯まりますよ。

サラリーマン節約術②
動画配信サービス(VOD)の見直し

izu
様々な動画コンテンツに触れるため、無料期間もあるので加入したものの、解約できていないなんてことありますよね・・・。

サラリーマン節約術③
保険の見直し

izu
最後に、保険の見直しです。

  • この本を参考に、保険はいらないものと判断。
  • もちろん各家庭によって事情は異なりますので、状況に応じてご検討いただければと思いますが、我が家では合計で月6000円分の保険を解約し、年間では72000円分の節約となりました。

サラリーマンが実践した節約術はったこれだけ。これでも年間約25万円もお得に。

 
楽天経済圏156,000円
VOD 19,800円
保険 72,000円
合計247,800円(年間)
izu
いかがですがか?少し見直すだけでも節約効果は絶大です。実際には楽天市場で購入した際につくポイントも多く取得しているのでもっと節約できています。

次回は「節税ポイント」についてご紹介したいと思います。

では、また。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

izublog

仕事、子育て、趣味に全力投球する子育て奮闘中のパパサラリーマン。 車 | 読書 | 投資 | 楽天経済圏 | Sony α7ⅲ | 写真・動画編集 | キャンプ(テント:スノーピークエルフィールド) | 料理 | 筋トレ | 英語勉強中(TOEIC800点へ)| 毎日の積み上げ&行動&挑戦で一歩でも成長を。

-LIFE

© 2021 izublog